一級建築士事務所
MIGRANT(マイグラント)
寺田 和彦
1984 奈良県生まれ
2007 京都大学工学部建築学科卒業
2009 京都大学大学院建築学専攻修士課程修了
2009-18 手塚建築研究所
2018- MIGRANT共同主宰
島田 真弓
1982 東京都生まれ
2006 早稲田大学理工学部建築学科卒業
2008 早稲田大学大学院建築学専攻修士課程修了
2008-09 日建設計
2011-18 手塚建築研究所
2018- MIGRANT共同主宰
まずは、自分が豊かに暮らすこと。安曇野で設計事務所を始めました。
東京生まれ東京育ちの島田。東京の手塚建築研究所で働き、そろそろ独立して自分の設計事務所を構えようかと考えていた頃、東京で仕事を始めることに、漠然とした抵抗がありました。住宅や保育園、カフェや公共空間や教会、今までやってきた設計の仕事のすべては、自分のつくった空間によって人を豊かにしたいという気持ちを形にしたものでした。でもそれならば、まずは自分自身を豊かな環境に身を置くことにエネルギーをかけてみるべきなのではないか?全力で豊かに生きられたら、今までよりもっとずっと、良いものをつくれるようになる気がする。
  
そのころ、休日はいつも山に登りに出かけていました。母方の田舎である安曇野には、祖母から相続した立派な古民家がありました。毎週のように安曇野を拠点に北アルプスを歩き、安曇野で時間を過ごしているうち、なんでここで暮らさないんだろう?と思うようになりました。ここには大好きな自然も、美味しい野菜も、澄んだ空気も、美しい風景も、すぐに山や川に遊びに行ける環境も、自分の考える豊かさそのものが、すでにあったことに気が付いたのです。

東京を離れて仕事をするなんて、それまでは想像したことがなかったけれど、よく考えれば設計の仕事はどこでもできるし、東京で10年がむしゃらに働いてきた私たちには、自分たちの能力があればどんな場所でもやっていけるだろうという、手に職を付けた自信がありました。どうなるかわからないけれど、とりあえずやってみよう。そんな流れで2018年7月、安曇野に移住。古民家の2階を事務所にして設計事務所を始めました。
受け継いだ美しい古民家、
この家に置きたいと思えるものを考える
安曇野の古民家。2階をMIGRANTの事務所として使い始めたその家は、松本・安曇野を中心に活動している古民家建築の巨匠・降幡廣信氏による設計の現代古民家で、幼少期に島田が祖母から受け継いだ家でした。少し離れたところに建っていた広い広い旧家の柱梁を使って今の敷地に新しい家が建ったのは、30年ほど前。その頃には一族みんな東京近郊で暮らしていたため、この家は先祖代々の記憶を残しながらも最初から別荘のように使われ、夏休みになると一族の子供たちが集まる夏の家となっていました。
  
そんな一族の大切な家を事務所として使うことに少し抵抗もありましたが、家が生き生きと使われることにみんな喜んでくれました。東京で仕事をしながら週末は片付けに来て、少しずつ必要なものをそろえていきました。まずは作業をするための大きなテーブルがほしいと思いましたが、インターネットでいくら検索しても、デザイン・機能・価格において、自分たちが気に入るものはみつかりませんでした。世の中にないのならば、自分で考えてつくろう!と思い立ったのが冬頃。私たちは設計者で、デザインを考え図面を描き、職人さんに作ってもらうことができるのです。   

そうして検討を重ね、春にできあがった大きなテーブルが私たちの最初の仕事。それから、母世代から受け継いだたくさんの名作漫画を収納していた既製品の本棚を、事務所としても使えるように壁一面の本棚をつくり、少しずつ環境を整えています。大事なのは、この家に置きたいと思えるもの、古民家に合わせた単に古いようなものではなくちゃんと現代を生きる私たちの感性に合うもの、頭をつかって値段を抑えながら本当に良いものを考えてつくること。それは大切な家に対しての敬意であり、私たちMIGRANTのデザインコンセプトになっています。