株式会社MIGRANT
(マイグラント)

一級建築士事務所/
民泊/CAFE/シェアハウス
寺田 和彦
1984 奈良県生まれ
2007 京都大学工学部建築学科卒業
2009 京都大学大学院建築学専攻修士課程修了
2009-18 手塚建築研究所
2018- MIGRANT共同主宰
2020- 株式会社MIGRANT 代表取締役
島田 真弓
1982 東京都生まれ
2006 早稲田大学理工学部建築学科卒業
2008 早稲田大学大学院建築学専攻修士課程修了
2008-09 日建設計
2011-18 手塚建築研究所
2018- MIGRANT共同主宰
2020- 株式会社MIGRANT 代表取締役
まずは、自分が豊かに暮らすこと。安曇野で設計事務所を始めました。
東京生まれ東京育ちの島田。東京の手塚建築研究所で働き、そろそろ独立して自分の設計事務所を構えようかと考えていた頃、東京で仕事を始めることに、漠然とした抵抗がありました。住宅や保育園、カフェや公共空間や教会、今までやってきた設計の仕事のすべては、自分のつくった空間によって人を豊かにしたいという気持ちを形にしたものでした。でもそれならば、まずは自分自身を豊かな環境に身を置くことにエネルギーをかけてみるべきなのではないか?全力で豊かに生きられたら、今までよりもっとずっと、良いものをつくれるようになる気がする。

そのころ、休日はいつも山に登りに出かけていました。母方の田舎である安曇野には、祖母から相続した立派な古民家がありました。毎週のように安曇野を拠点に北アルプスを歩き、安曇野で時間を過ごしているうち、なんでここで暮らさないんだろう?と思うようになりました。ここには大好きな自然も、美味しい野菜も、澄んだ空気も、美しい風景も、すぐに山や川に遊びに行ける環境も、自分の考える豊かさそのものが、すでにあったことに気が付いたのです。

東京を離れて仕事をするなんて、それまでは想像したことがなかったけれど、よく考えれば設計の仕事はどこでもできるし、東京で10年がむしゃらに働いてきた私たちには、自分たちの能力があればどんな場所でもやっていけるだろうという、手に職を付けた自信がありました。どうなるかわからないけれど、とりあえずやってみよう。そんな流れで2018年7月、安曇野に移住。古民家の2階を事務所にして設計事務所を始めました。

受け継いだ美しい古民家を整え、空間と料理の力で人との縁を繋げていく
安曇野の古民家。2階をMIGRANTの事務所として使い始めたその家は、松本・安曇野を中心に活動している古民家建築の巨匠・降幡廣信氏による設計の現代古民家で、幼少期に島田が祖母から受け継いだ家でした。少し離れたところに建っていた広い広い旧家の柱梁を使って今の敷地に新しい家が建ったのは、30年ほど前。その頃には一族みんな東京近郊で暮らしていたため、この家は先祖代々の記憶を残しながらも最初から別荘のように使われ、夏休みになると一族の子供たちが集まる夏の家となっていました。そんな一族の大切な家を事務所として使うことに少し抵抗もありましたが、家が生き生きと使われることにみんな喜んでくれました。もともと美しく建てられていたその家は断熱工事以外はリフォームするところもなく、2階の事務所には大きいテーブルをつくり、家具や設えに手を加えていくことで少しずつ空間を整えていきました。

安曇野に移住して1年半。びっくりするくらいたくさんの人が遊びに来てくれるようになりました。母の姉妹である4人の叔母や従弟家族、東京の友人たち。安曇野・松本・白馬界隈でも少しずつ知り合いができて、知り合った人をまずはこの家に招いてパーティーやごはん会をしているうちに、いつのまにか人が人を呼び、どんどん友人と呼べる人が増えてきました。この家があるから人が集まる。そして、来てくれた人たちに料理を振る舞い一緒に楽しい時間を過ごすことで、気持ちが通じ合い、お互いに良く知り合うことができる。安曇野近辺には本当にたくさんの素敵な人が暮らしています。素敵な人との出会いは私たちの設計の仕事やすべてのことに果てしない広がりを与えてくれると思っています。これからもこの家を拠点に、たくさんの人と縁を繋げていきたいです。

クリエイティブで先進的な田舎暮らしを発信する
MIGRANTは民泊を始めました
安曇野に移住して半年。MIGRANTは設計業務と共に、民泊を始めました。

東京で得た知識や技術や経験を持って、スローライフとは少し違う先進的な田舎暮らしをすること。安曇野というとても豊かな場所の恩恵を受けながらも、自分にできるクリエイティブな仕事を続けること。そして大好きな登山や川下りやスキーなどの遊びを思いっきり楽しむこと。そして祖母と母から受け継いだこの美しい古民家を大切に守りつつ、幼少期の夏の思い出のように、この場所を人の集まる場所にして、たくさんの人に安曇野の豊かさを伝えること。これが私たちのやりたいことだということが、少しずつわかってきました。それに加えて、MIGRANTは2人とも、料理や人をおもてなしして喜んでもらうということが、ものすごく好きなのです。

そのために設計事務所と共に、民泊をやってみることにしました。二足のわらじは珍しくないけれど、設計事務所と民泊って、なかなか面白い組み合わせだと思います。我が家には吹き抜けの囲炉裏があり、客間にはグランドピアノがあり、掘りごたつのある居間があり、北アルプスが一望でき、来た人はみんなこの空間に感動し喜んでくれます。2階の事務所もスペースが空いているので日中は仕事をしたりゆっくり本を読んで過ごしてもらうのもいいと思います。単に寝泊まりするだけの宿泊場所としてではなく、大切なこの家と安曇野の素晴らしさを求めて来てくれることを願っています。そして、そういった方々と同じ食卓を囲み、たくさんの話をすることで、私たちもまた外の世界の新しい刺激を受け続け、それが設計の仕事に活かされていくと期待しています。